スタッフブログ - 福井市「まえだ接骨院」

HOME > スタッフブログ

福井市 ストレスからの腰・骨盤部の強い痛み

2017年01月23日 [記事URL]

 先月末から今日まで、腰、骨盤部に痛みが強く、体を動かすのも痛い、何をしていても痛い、他で治療を受けたけど痛みが引かない、との症状の初診のお客様が先日来院されました。

 

 で、検査、施術、検査、施術と進めていくと体のゆがみから来る負担は抜けているはずが、起きてみると、又は起き上がる時痛みが強いとのこと。しかし、ぎっくり腰と、あるいは急性の炎症性の痛みとも異なるようです。

 その時点で思い立つのはやはり、体のゆがみ、体の負担(疲労物質、炎症物質等の作用)だけが原因ではないこと。

 さらに検査を進めると、頭のストレス検査(軽い圧を加えます)により腰、骨盤部はもとより体全体に反応あり。この段階で相当疑いあり。

 

 それに関する検査にて相当な反応を現しているので(関係しない場合は検査では全く反応しません)現症状との因果関係は相当あり。場合によっては体のゆがみから以上の負担、症状を発することもあります。

 

 原因は?との問いには、人により違いますが、顎から発する圧縮力、目線(目力)により、毎日仕事の事を思考、自宅ではいつも家事仕事の事を思考等による体の凝縮作用等・・もう、様々です。

 はっきり言えることは、体の構造的な(筋肉、骨格、関節等)負担をよくしても回復しない場合は、このようなストレス(頭の緊張、交感神経の過度の亢進)、もっと進んでゆくと頭内の形状記憶による影響も関係している可能性はかなり疑われると思われます。


 この場合の痛みは、痛みというよりは苦しい痛みとして発症します。


 因みにこの処置(ストレス反応の抑制)によりかなり痛みの除去がはかられ、歪みの修復にも大変役立っております。


 お客様にお聞きしますと、「まさか、こんなところが関係するなんて・・」と言われる方、「何となく言われると分かる気がする」と言われる方、それぞれにいらっしゃられます。
(あくまでご本人様に分かるような客観的な検査を行った結果のご反応です)

 もし、お困りの方若しくは身近な方でいらっしゃられましたら、早急の処置が必要かと思われますのでお声をかけてくださいませ。

     福井市 (有)まえだ接骨院  前田 一博



福井市 急性の腰痛、首・肩の痛みの大きな原因になりうる一例です

2017年01月21日 [記事URL]

 私含め、皆様にも関係してくる可能性のある記事がございましたのでシェアさせていただきます。

世界のファッションリーダーとして注目を集める英王室のキャサリン妃(33)がよく着用することで流行に火が付いた脚にぴったり張り付く細身の「スキニージーンズ」をめぐり、衝撃の研究論文が23日、英医学誌に発表された。スキニーをはいて長時間しゃがんでいると、筋肉や神経に障害が起き、歩行困難になるというのだ。細いジーンズを無理やりはくと、とんでもないことになると論文は警告している。

■しゃがみ続けて筋肉損傷

 論文は、オーストラリアのロイヤル・アデレード病院の医師らによるもので、英誌「神経学・神経外科学・精神医学ジャーナル」の電子版に掲載された。アデレードに住む35歳の女性の症例を取り上げている。

 それによると、この女性はスキニージーンズをはいて、家族の引っ越しを手伝っていた際、食器棚から物を取り出すために数時間しゃがみ続けた。夜になって自宅に帰る途中、足の感覚がまひし、つまずいて転倒。そのまま動けなくなった。

 彼女はすぐに病院に運ばれたが、両方のふくらはぎはジーンズが脱げなくなるほど膨れ上がり、血液が循環せず、膝から下の感覚がなくなり、足首や爪先を動かせなくなっていた。検査の結果、筋肉障害の指標となるクレアチンキナーゼ値が急上昇していた。点滴をうけて元通りに歩けるようになるのに4日もかかったという。

 論文は、スキニージーンズをはいた窮屈な状態で長時間しゃがんでいたことで筋肉や神経が損傷し、血流が滞り重篤な障害が起きる「コンパートメント症候群」になったと診断した。

 論文執筆者の一人であるトーマス・キンバー医師は、豪紙オーストラリアン(電子版)などの地元メディアに「彼女が病院に着いたとき、ふくらはぎの張れは深刻かつ異常で、ジーンズを切断しなければ脱がせられなかった」と、当時の状況を証言。「病院で治療していなかったら、彼女は歩行に一生、支障をきたす神経障害に陥っていた。筋肉の損傷は腎臓の損傷につながる可能性もあったが、手当てが早く大事に至らなかった」と述べ、極めて深刻な症状だったと強調した。


 いかがでしょうか?
 多くの皆様は(当院のお客様にはほぼ皆様にうるさくお話しています)、衣服など体の痛みに関係するはずなかろうと思われている方がほとんどだと思います。

 上文は極端ではありますが、似た例で(密着した衣服、下着により)当院でも、昨日まで全く何ともなかったのが急に今日になって激痛が・・という新患の方も多く見受けられます。しかも激痛ですが、もう、痛苦しいです。

 上記に類似し、体調が気になる方はツーサイズ大きめ、空気が入るくらい大きめの下着、衣服をお勧めしております(もちろん女性の方はできないこともありますが)。

 来院された際は検査にてわかりやすく、客観的に説明いたします。一番はご本人にお分かり頂くことが何より近道で、していただいた分は負担減になること保証します。

 もう、苦しいつらい思いはごめんですよね。

 

  福井市 (有)まえだ接骨院  前田 一博

 



福井市 1月22日(日)は定員となりましたのでご予約を閉め切らせて頂きます。

2017年01月19日 [記事URL]

 

 当院のお客様、並びにご閲覧くださっている方々、いつもありがとうございます。

 お知らせですが、1月22日(日)は定員となりましたのでご予約を閉め切らせて頂きます。

 次回の休日の開院日は29日(日)、受付時間は9:00~12:00となっております。

 尚、当日の受付は定員の場合は不可となる為、お早目のご予約をお勧めしております。

 

 どうぞ、宜しくお願い致します。

 

     福井市  (有)まえだ接骨院  前田 一博



福井市 疲れを感じない方こそ、強い腰痛にご注意を!

2017年01月18日 [記事URL]

 先月末2週間から今日に至る迄、未だ強い腰痛でご来院の方が後を絶ちません。

 皆様共通している事は、「体質が強い」「精神が強い」方が殆ど。

 逆に筋肉が弱い・足りないという方は微々たる方のみでした。

 体・精神が強い事は本来いい事ではありますが、強いからこそ負担ができる、過度にしてしまうといった傾向があります。

 そのまま出来るからと負担し続け、体内処理が追いつかなくなったところでオーバーヒートを起こしてしまいます。

 体の「感覚」では大丈夫でも、実際の体の「状態」はこのケースでは筋肉の凝縮・緊張がかなり強まっていることが殆どです。

 大食いの方が、かなり食しているのに多く食べた感じがしない事と似ています。

 体・精神が強いので負担がかかっていても、あまり感じないからもっと負担してしまうといったオーバーヒートな現象は、まさにそれです。

 体・精神が強い方こそ、お体をご自愛くださいませ。

   福井市  (有)まえだ接骨院  前田 一博

 



福井市 交通事故の施術の必要性

2017年01月17日 [記事URL]

過去に交通事故により負傷し、痛みがないのでそのまま放置し、あと後後遺症となり障害を残している方を今まで多くみてきました。今現在もそうです。

 そこで、皆様にお伝えしておきたいことがあります。(決して交通事故に遭わないことが第一ですが)

 

 

自動車事故は痛みがなくても完治していない?|完治までの大まかな期間

 自動車事故後遺症が起こりやすいため、事故後は痛みがなくともすぐに、医療機関や接骨院、整骨院などで適切な施術を受けてください。


 放置しておくと後遺症が重症になる可能性があります。


 社会復帰にも影響しますので、1日も早く施術を受けましょう。

 後遺症とは、痛みを残すだけではなく、精神的な負担としてあと後まで残り続けます。

 

 当院は、自動車事故の専門的接骨院です。


 事故によって首・腰・その他各箇所に痛みを感じる方、レントゲンで異常がないと言われたけど違和感のある方などに対応しています。


 頭痛、しびれ、吐き気などは、自動車事故の後遺症としてよく見られます。


 接骨院ですので手技療法がメインとなりますが、場合によってはマッサージをせずに治すことも可能です。

 

後遺症を発生させないためには、すぐに施療を開始することです。


施療には平均して3ヶ月~4ヶ月程度を要します。


ここで注意したいことは、施療が終了するまで続けることです。
痛みがなくなっても、体にはズレが生じている可能性があります。


この状態を放置しておくと、あと後痛みや違和感となって現れる可能性があります。
施療を遅らせるメリットは何もありません。

福井市で自動車事故の専門的接骨院をお探しなら、当院での施術をお勧めいたします。
他の病院、接骨院を試してダメだった方も来院しています。

        福井市 (有)まえだ接骨院  前田 一博



福井市 強い疲労と強い腰痛

2017年01月13日 [記事URL]

 先月末ですが、体を引きずりながらなんとか来院されたお客様がおられ、腰が激痛だと訴えられとても苦しんでいました。

 しかも、明日は日帰りの出張・・・ 

 処置としてはできるいっぱいの所まで処置をし、何しろ炎症症状がとても強く、椎間板、関節に異常はないようですが、「体全体の疲労」と「腰の炎症」がとても強い為疲労の軽減が優先と考え、ご自宅では「安静」「水の摂取」を伝え、確実に悪化するので出張が何とかなるのならお勧めはできないです、と伝えお帰り頂きました。

 その2日後、土曜日の夕方に往診中ですが連絡があり、「激痛で苦しいので病院で診てもらいます。」と連絡があり私も万が一のことを考え、「再度体内がどうなっているのかを精査してもらってください。」と伝えました。

 その後連絡をくださり、医科の診断は椎間板、骨に異常はなくも、「過度の疲労」によりとにかく即安静とのことで説明を受けたそうです。

 その方は翌日より当院にて施術を再開して回復し、先週海外に長期の出張に行かれました。

 体の極度の疲労は怖いという一例でしたが、余りの激痛でご本人は違う病気も疑ったそうでした。

 

 経験した人には分かりますが、二度とならないようにと(私も含め)とても気をつけるようになります。

 

 文面では伝わりにくいですが、極度の疲労は怖いです!

 

 疲労が最近なかなか抜けない自覚のある方は、赤信号に近い黄色信号である可能性があります。

 

 激痛に転じる方が最近とても多いので、気になる方はお問い合わせくださいませ。

 

 

    福井市  (有)まえだ接骨院  前田 一博



福井市 今週14日(土)、15日(日)は、セミナー出席の為休院させて頂きます。

2017年01月12日 [記事URL]

  お知らせをさせて頂きます。

 今週14日(土)、15日(日)は、セミナー出席の為休院させて頂きます。

 次回休日の開院日は22日(日)となっております。

 多数の方に大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

   福井市  (有)まえだ接骨院  前田 一博          



福井市 膝の痛み

2017年01月11日 [記事URL]

 半年ほど前に階段をおりるとき膝を捻ったことを境に水がたまり、病院に通院するも水を抜いては、あるいは痛み止めの注射をうつも、そのときはいいけど又同じ繰り返しで、2か月ほど前に水がたまるのはもういや、とのことでご来院のお客様についてシェアさせて頂きます。。

 私が駆け出しのころは膝を圧迫、固定、または水を抜く(ある程度は残します)、電器、筋肉をつける訓練等いろいろありましたが、正直な話それで回復した方、みたことないんですね。だから現在の検査法、施術法を習得したんですけどね。

 なぜ水がたまるのか、をざっくりと説明しますと、膝の炎症を繰り返すと熱を冷まさないといけないぞ、ということで水がたまります。まあ、冷却水のようなものでしょうか。

 熱から守るための防御反応ではありますが、なにしろ痛い!でも水を抜くと熱により関節が変性し変形へと進みます。それでまた炎症を発生させやすい形になってしまう・・堂々巡りです。

 まず行ったのは、炎症物質の処理機能を膝だけでなく体全体の機能をあげてやること。主に静脈系、水分に関してはリンパの流れも関与します。

 並行してゆがみの修復。体全体が膝に負担をかける形になっているので、それと血流に抵抗を発し流れを悪くさせるのでそこはしっかりと対処。

 経過を追うごとに回復し膝の水腫はなくなり痛みもなくなるも現在はケアのため(ご本人いわく、もう二度となりたくない)通院されるも、頭に残る痛みの記憶は簡単には抜けません。これを形状記憶といいます。

 当院ではゆがみの修正、血流力(体の回復力)の機能の回復、頭に残る形状記憶のリセット(頭に記憶されている形状に体は向いてゆくためです)にを主眼とし、この3点がそろって回復が進むと認識しています。

 中々良くならない痛みは必ず上記のどれかに必ず、原因します。

 今苦しんでおられる方、ご心配な方、心中お察しいたします。一度お診せ頂けたらとおもいます。なぜかって?必ず、必ず原因があるからです。

     福井市 (有)まえだ接骨院   前田 一博



福井市 1月8日(日)・9日(月)は定員となりましたのでご予約を閉めさせて頂きます。

2017年01月07日 [記事URL]

 当院のお客様、並びにご閲覧くださっている方々、いつもありがとうございます。

 お知らせですが、1月8日(日)・9日(月)は定員となりましたのでご予約を閉め切らせて頂きます。

 次回の休日の開院日は22日(日)、受付時間は9:00~12:00となっております。

 尚、当日の受付は定員の場合は不可となる為、お早目のご予約をお勧めしております。

 

 14日(土)、15日(日)はセミナー出席の為休院とさせて頂きます。

 

 どうぞ、宜しくお願い致します。

 

     福井市  (有)まえだ接骨院  前田 一博



福井市 接骨院と整骨院の違いって何?

2017年01月06日 [記事URL]

 昨日、「接骨院と整骨院て何が違うのですか?」と、ご質問を頂いたのですがこれはよく聞かれるので、以前から一般的には区別しにくい事項であるようです。

 結論から言いますと、「接骨院、整骨院、整復院は同じ」であります。

 似た名称ながら、同じ柔道整復師という国家資格を有し昔は「ほねつぎ」とも言われていました。

 因みに、保健所で確認を取りましてもそう区別はしていない様です。

 以前は整形外科の<整>と整骨院の<整>をなるべく混同させないように・・・という話もきいたことはありましたが、そんなことはないようです。

 結果、同じという事です。

 小さいことでもなんでも遠慮なく、お聞きくださいね。(当院のお客様は、何でも質問くださいます!)

 私共の業界では当たり前の事でも、皆様には知られていないことも意外とありますからね。

    福井市  (有)まえだ接骨院  前田 一博

 

 




《 前 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

電話・メールでのお問合せはこちら

電話: 0776-30-0682
メールでのお問合せ

「㈲まえだ接骨院」へのお電話はこちら
 【住 所】 〒910-0017 福井市文京7-2-24
 【電話番号】 0776-30-0682 (予約優先制)
 【営業時間】 月曜日~金曜日
8:30~12:20 (受付12:00迄) 3:00~7:30 (受付7:30迄)
土曜日
8:30~2:00 (受付2:00迄)
日、祝祭日診療
(不定休、要前日予約、セミナー等により休診の場合もございます)
 【定休日】 不定休
 【駐車場】 5台分完備

PageTop

交通事故治療
メニュー
会社概要

福井市の整体 整骨院 重度の腰痛「㈲まえだ接骨院」


【住所】
〒910-0017
福井市文京7-2-24


【電話番号】
0776-30-0682
(予約優先制)


【営業時間】
■ 月曜日~金曜日
8:30~12:20
(受付12:00迄)

3:00~7:30
(受付7:30迄)


■ 土曜日
8:30~2:00
(受付2:00迄)


■ 日、祝祭日診療
(不定休、要前日予約、セミナー等により休診の場合もございます)


【定休日】
不定休


【駐車場】
5台分完備


【出張施術】
出張可


カテゴリー
新着記事


福井市の整体 整骨院 重度の腰痛「㈲まえだ接骨院」