福井市 妊娠中の恥骨の痛みの対策方法 - 福井市「まえだ接骨院」

HOME > 福井市 整体情報 > 福井市 妊娠中の恥骨の痛みの対策方法

福井市 妊娠中の恥骨の痛みの対策方法

2018年04月10日

【恥骨の痛みの原因】

恥骨の痛みは、妊婦さんの悩みの1つですよね。
妊娠してお腹が大きくなることで、恥骨に負担がかかって痛みが発生してしまいます。
なぜ、恥骨の痛みが発生されてしまうのでしょうか。

恥骨の痛みは、骨盤の下の方にある恥骨が痛くなってしまう症状です。
恥骨の骨自体が痛んでいると思うかもしれませんが、実際は違います。
恥骨の左右にある軟骨が傷つくことで、痛みが発生してしまいます。

恥骨の痛みの感じ方は、人により異なります。
チクチク痛んだり、ズキズキ痛みを感じる人もいます。

恥骨の痛みの原因は、以下のような理由があります。

・骨盤まわりにある関節や靭帯がゆるんでしまう
妊娠をすることで、骨盤のまわりにある関節や靭帯がゆるんでしまいます。
赤ちゃんが産道を通るために、必要な流れとなります。
骨盤まわりの関節や靭帯がゆるむことで体を支える力が弱ってしまい、骨盤のまわりや恥骨の結合部分に負荷がかかりやすくなってしまいます。
そのため、恥骨部分に痛みが発生してしまうのです。

・子宮の重みにより恥骨が圧迫されてしまう
妊娠でお腹の中の赤ちゃんが成長していくと、子宮はどんどん大きく重くなっていきます。
恥骨というのは子宮の真下にあるので、子宮の重みによって強い圧迫を受けてしまいます。
恥骨結合部分に過剰な重さの影響を与えてしまい、激しい痛みを発生させてしまいます。


【妊娠中の恥骨の痛みの対策方法】

妊娠中に恥骨の痛みを発生させないためには、対策を取ることで防ぐことができますよ。
どのようなポイントがあるのか、まとめてみました。

・姿勢を良くする
妊娠してお腹が大きくなっていくと、自然と姿勢が悪くなってしまいます。
その姿勢の悪さは、骨盤のゆがみを作ってしまいます。
恥骨に余計な負担を掛けないよう、姿勢を良くするようにしましょう。
女性によくあることといえば、足を組んだり足を片方に崩すお姉さん座りをしてしまうことです。
これらの女性によくあるクセというのは、姿勢を崩して不安定にしてしまいます。
不安定で良くない姿勢は止めて、姿勢を良くすることを意識して過ごすようにしてみましょう。

・ストレッチで痛みを改善
ストレッチで恥骨部分を強化することで、恥骨の痛みを発生しにくい状態にすることができます。
腰まわしのストレッチなど簡単なストレッチでOKですので、チャレンジしてみましょう。
妊婦さんはストレッチでお腹の張りを感じることもあるので、お腹の張りを感じたらすぐに止めるようにしましょう。

・骨盤ベルトを使う
骨盤ベルトを使うと、恥骨に余計な負担をかけにくい状態にすることができます。
適切に付けないと痛みが増してしまうこともあるので、正しく付けるようにしましょう。
付け方に不安がある場合は、専門医に相談をしましょう。

いかがでしたでしょうか。
妊婦さんに起きてしまう恥骨の痛みは、これらのケアにより対策ができますよ。
妊婦さんはただでさえ不便が多いので、恥骨の痛みでさらに悩みを増やすのは止めましょう。

福井市 妊娠中の恥骨の痛みの対策方法なら、「(有)まえだ接骨院」にお任せください。



ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

電話・メールでのお問合せはこちら

電話: 0776-30-0682
メールでのお問合せ

「㈲まえだ接骨院」へのお電話はこちら
 【住 所】 〒910-0017 福井市文京7-2-24
 【電話番号】 0776-30-0682 (予約優先制)
 【営業時間】 月曜日~金曜日
8:30~12:20 (受付12:00迄) 3:00~7:30 (受付7:30迄)
土曜日
8:30~2:00 (受付2:00迄)
日、祝祭日診療
(不定休、要前日予約、セミナー等により休診の場合もございます)
 【定休日】 不定休
 【駐車場】 5台分完備

PageTop



福井市の整体 整骨院 重度の腰痛「㈲まえだ接骨院」