福井市 腰痛の原因について - 福井市「まえだ接骨院」

HOME > スタッフブログ > 福井市 腰痛の原因について

福井市 腰痛の原因について

2015年06月16日

 こんにちは、院長の前田です。

 前回に続き、腰痛に関する悩みやご質問が非常に多いので、今日から何回かにかけて、腰痛の色々な原因からみたお話をしたいと思います。

■腰痛の原因① --身体のゆがみ--

人間は二足歩行です。縦長の物体を想像して頂くとわかりやすいのですが、横長の物体よりも安定性が悪いので、何か物がぶつかったり、衝撃を受けたりすると、すぐに体の軸が傾いてしまいます。人間も、四足歩行の動物に比べると、バランスを崩しやすいという日常的なネックを生まれながらに持っています。それに加え歩行や日常動作、人によってはスポーツや職業によって特別な動きが要求されます。

人間の身体は機械のように真四角の角ばった物体の集まりではありません。皆さんは小学校の理科室などで人間の骨格模型を見たことがあると思います。おおきなひとつの骨に見えますが、本当はちいさな骨の集合体です。その複雑な形状があるからこそ、細かな動きやダイナミックな動きなど、様々な運動が可能なのです。

それらの複雑な動きの中で、身体は必死に均整を保とうとする機能を持っています。その機能が十分に果たされるのには、適度な運動、睡眠、バランスの取れた食事が基本になりますが、それでも不良姿勢が毎日続いたり、過度な運動が続いたりすると身体は徐々に均等なバランスを失ってくるのです。

以上のことをまとめると、


人間の身体は生まれつきゆがみやすい
    ↓
不良姿勢や肉体疲労が続く
    ↓
身体がゆがむ
    ↓
人間が本来持つバランスを保とうとする機能が弱まる
    ↓
さらにバランスは崩れ正常の姿勢や動きが出来なくなる
    ↓
痛みになる

 

特に運動の機会が急激に失われ、筋肉の質が低下してくる20代後半から、腰痛に悩まされる人は増えてきます。
それでも30~40代くらいまでは、血行が改善され易いので、気づいたら痛みは消えていた、ということもあるでしょう。しかし痛みは消えても骨格のゆがみは治ってはいないので痛みはまた繰り返されます。痛みという症状よりも、まずはそれを引き起こす骨格のゆがみに着目しなければ、腰痛は繰り返され、40代になるとしびれや足のもつれにつながってくるのです。このレベルまでいくと、かなり慎重に治療を選ばなければ症状は悪化するばかりでしょう。

ですので、出来るだけ早期に予防・完治をしておくことが大切です。慢性腰痛の方も諦めてはいけません。人間は生きている限り自然治癒力がありますので、それを最大限引き出すように治療を加えた生活改善をすれば必ず腰痛は回復します。

 

 

                      (有)まえだ接骨院  院長  前田 一博

 

 

 

福井市



ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

電話・メールでのお問合せはこちら

電話: 0776-30-0682
メールでのお問合せ

「㈲まえだ接骨院」へのお電話はこちら
 【住 所】 〒910-0017 福井市文京7-2-24
 【電話番号】 0776-30-0682 (予約優先制)
 【営業時間】 月曜日~金曜日
8:30~12:20 (受付12:00迄) 3:00~7:30 (受付7:30迄)
土曜日
8:30~2:00 (受付2:00迄)
日、祝祭日診療
(不定休、要前日予約、セミナー等により休診の場合もございます)
 【定休日】 不定休
 【駐車場】 5台分完備

PageTop



福井市の整体 整骨院 重度の腰痛「㈲まえだ接骨院」